楽しい生活

新学期

本日始業式
雨のなか元気に登校していきました。
夏休みの作品やお道具かご上靴
まだまだ小さな体に大きな荷物を持つ姿は
可愛らしく
元気に集合場所に向かう足取りを見ていると
自然と笑ってしまう

今年の夏休みも私なりに色々出かけたつもりだけど
彼のなかで納得してくれているのか
いい思い出として彼のなかに残り続けてくれるかな?
まぁ 楽しい瞬間瞬間があったならそれでいいや。

夏休みの振り返り日記はまたボツボツと書こうかな。

ねぇ
色んな発見できたかい?
b0191213_1091844.jpg


Moreはちょっとした出来事?




三年生になって自分だけで自転車に乗って友達とどんどん遊びに行くようになったトト
男の子だからかそりゃぁもう運転も荒いわけで・・・
まぁ、私自身も幼かった日のことを思い出すと危ない運転の仕方をして
派手にすっ転んだことは数え切れない程あるわけで
そんなことは仕方ないんだけど
見ているとイライラするわけで
何度も何度も注意しても、その場では「はーーーい」なんていいつつ
すぐに乱暴な運転に

ついこの間も一緒にスーパーへ行く時に危なかっしい乗り方をしていて
注意しても聞く耳持たず
イライラしながら心のなかで
「転べばいいのに」って思ってた
そんな運転してて今まで転ばなかったからいい気になってるわけで
痛い目にあいやがれ!できれば私の前で・・・なんて思ってた次の瞬間
トトってばすごい勢いで自転車ごとすっ飛んでいった
そりゃぁもぉ離れて歩いていた人や
とりすがりの人がびっくりするぐらいの勢いですっ飛んだ
本人も思いもよらない勢いで転んだもんだから一瞬何が起こったんだろうって感じだったけど
私は冷静にトトのところに駆け寄り自転車をお越しトトを見にいくと
びっくりしたのと肘から血が出てるのとでご本人はもう泣きそうな顔をしている
こういう時小さい小さい時からうわああああんと泣かない子なので
必死に我慢してるのがわかる
頭やあちこちを見てみても大きな怪我はしてないようで
とりあえず肘の血をふいてやると私の胸にギュッと顔を押し付けて涙をこらえていた

「どこが痛いの?だから言うたやろ、あんな走り方してたら転けるよって」
そういうと
「だってなぁだってなぁびっくりしたんやもん」と
会話になってないし(笑)

周りでその一部始終を見ていた通りすがりのおじさんも駆け寄ってきて
色々みてくれた


このことがあったからと言って二三日するともうちょうけて自転車に乗ってるわけで
まぁこうやって覚えていかないといけないんだけど
とりあえず、誰かを巻き添えにしたり
命に関わることのないことなら
なんぼでも痛い目にあって覚えていってください。
[PR]
by tototomamano | 2013-09-02 10:27 | 日常