楽しい生活

いつめーーーん

b0191213_16191079.jpg


バタバタと帰ってきて

「ただいまー」

「遊びにいくー!」


毎度その言葉を大声張り上げてランドセルを放り投げトイレに直行し
内緒のおもちゃをリュックに詰め込んで
家を飛び出して行くトト

「ねぇ!!!誰と遊ぶの!?」と慌てて聞く私に


「いつメーーーーーン!!」と声を張り上げるトト


は?いつめん?

「いつめんやん!いつものメンバーで いつメン」

「いつメン いつメン いつメーン!」と言いながらニコニコ出て行った

なんじゃそりゃ どこまで略語にしていくんだこの子たちは・・・


また、慌てて「行ってらっしゃい!」と言う私の声なんてもう耳に入ってないし

もおおおお!と思いながら家に入ろうとしたら
トトと同級生の女の子が二人神妙な顔をして下校していた


「なぁ ○○ちゃんは○○くんのこと好きなんやろ?でも、あの子も○○くんのこと好きやねんで」

「あの子○○くん呼び出して言うたんやて」

「私 どうしよう・・・」


いわゆる恋話というやつですな・・・と掃除をするふりをして女の子の話に聞き耳を立てていた


しかし。。。。

男どもは秘密基地やー かえるやー 内緒のつもりで持ち出している弾の出ないテッポウでドキドキして遊んでるというのに
かたや女の子は恋にドキドキでなんて思ってたら

あんな年齢の時から女の子はいつだっておませさんで
実は男の子よりもずっとずっと早く異性に興味だってあって
恋愛漫画にはまったりしてるはずなのにさ

大人になるにつれ
女は身勝手なもので
どう考えても恋愛に興味を持つのが自分よりも遅かった男の子に
自分よりも大人になってほしいだとか
リードしてほしいだとか
言い放ち出す
結局お互いにそのまま大きくなってるのにね(笑)

小学三年生の恋がどんなものなのかわからないけど

秘密基地 いえええい

いつメーーン いえええい

なんてやってても
彼女たちにはかっこいいんだもん
面白いなーなんて思ったけど


この年齢になっても結局は
同じだわ
と気がついたのでした(笑)
[PR]
by tototomamano | 2013-10-01 16:45 | 日常