楽しい生活

人生終わったと思った

b0191213_21353270.jpg


つい先日の夜のこと
モナカ(猫)が私のひざのうえにいつまでも寝ていて
ずっと甘えていたのでおろすにおろせない状態だった。

トトは後ろで爆睡してたので
私はパソコンのあかりだけで部屋の電気を消していた。

パソコンで動画サイトの動画を見ていた
お笑い芸人さんが出ていて終始楽しそうに話しをていた
膝にはモナカ
手にはスマホを片手にイヤホンをして動画は見ずに耳だけで会話を楽しんでいた

その反面眠いなー
モナカを無理やりおろして寝てしまおうかな・・・なんて考えつつも
スマホでゲームをしたり
時折耳から聞こえてくる芸人さんの声に笑ったりしていた

その時だった
イヤホンから「あんたそれ貞子出てきそうやん!」というツッコミの声とともに
イヤホンには貞子の曲
そう
この曲



「くるーきっとくるー」が大音量で流れてきた



まさしくその瞬間の出来事だった






目の前の明かりがついていたパソコンがいきなり真っ暗になったのだ

ちなみに私のパソコンはスクリーンセーバー設定はしていないので
画面が消えることはない。



私のビック!としたのがモナカに伝わったのか
今まで私の膝ですやすやと寝ていたはずのモナカがパッ!!と起き上がり
周りを見渡し始めた
消えたままのパソコンの画面
それなのに音声だけが貞子の曲をながし続け私の耳へと流れてくる

心の中で「冷静になって そうこれは動画の演出なんだ 冷静になりなさいわたし!!!」とずっと叫んでいた


そして慌ててマウスをガチャガチャ動かしたが
画面はうつらない
イヤホンを外すことすら忘れていた私は
そのあいだもずっと「きっとくるーーー」が流れ続ける

何度もマウスを触っているときに気がついた

そうだ!!!!
パソコンを強制終了すればいいんだ!!!!!!

そしてようやく起動ボタンを長押ししてパソコンから聞こえてくる貞子の曲がとまった

そしてパソコンの画面も消えた部屋は更に真っ暗になっていた
電気をつける余裕もなく
パソコンを起動させようと起動ボタンを押すものの
パソコンはウンともスンともいわない状態

ええ・・・どうして?って思った次の瞬間だった
背筋が凍りつくものを目にしてしまった
パソコンの画面に
ボサボサなロングヘアの目のくぼんだ顔色の悪い老婆が私を見ていた



あああああああああ
もうおしまい


そうもう終わった


はい 



私の人生おしまい









心臓のたかなりなどもうわからない



ただただ恐怖でどうすることもできず体も動かない




はい



もうこのまま呪って殺してくれと思った瞬間





モナカが膝の上にのってきて我にかえった



はっ!モナ!

私が膝のうえのモナカを見た瞬間その老婆も下をむいた





そう



なんてことない


それは画面にうつった自分の顔だったのだ




ようやく冷静になった私はパソコンの充電が切れていたことに気がつき
アダプターを差し込む

プッと充電マークが点灯し
すぐにパソコンは立ち上がった。
[PR]
by tototomamano | 2013-10-31 21:58 | 日常