楽しい生活

カテゴリ:日常( 73 )

夏休みの工作


b0191213_16482375.jpg

トトが夏休みに作った作品が何かに選ばれたらしい
でも
何かわからないらしい
「え?なに?」って思わず聞き返したけど
それよりも友達と遊ぶことのほうが必死で
綺麗にスルーされた

一年生の時に夏休みの宿題を初体験した彼
工作をつくることが一番の楽しみで
夢いっぱいに作品を作った
その姿が可愛くて一生懸命で愛しかった

保育園では何を書いても
どんな絵でもどんな作品でも
先生たちは体いっぱい表現して喜んで褒めてくれた
それが彼にとっても周りのお友達にとっても
当たり前だった

しかし、あらゆるところの保育園幼稚園から集まってきた子供達が通う小学校
夏休みあけに作品を満面の笑みで持って行った彼にとって
思わぬことが待ち受けていた

「ちちんぷいぷい」←クリックで過去日記

「海の仲間」←クリックで過去日記

詳細は過去日記でm(__)m

一年生の時に周りから投げかけられた言葉に
いつまでも引きずっていた彼は
二年生の夏休みに
「もう、作らない」「買ったのでしか作らない」と言い出した

私は
「ねぇ、周りの人の言葉よりも、お母さんはトトが作りたいと思うものを作ってほしいんやけど・・・」と言った瞬間
ふと気がついたのは

工作キットよりも自由に作って欲しいというのは
私の思いであって
トトが作りたいと思うものが工作キットで売っているものであるのだから
素直に作りたいと思うものを作らせていればいいんだな・・・と

っということで 二人してホームセンターで工作キットを購入
三年生も同じく工作キットで制作

それでもできた作品に満足しているようだった

今年、どうするんだろう・・・とずっと思っていたけど
工作キットでいいならと思い
一緒にホームセンターへ買いに行った
本人は納得できるものがなく結局買わずに帰った
後日私の両親と大きなホームセンターへ車で連れて行ってもらった
あんまり納得のいくキットも売っていないようで
木の切れ端の詰め放題を購入した
これで何か作ると言っていたものの
結局思うものが浮かばずだった

数日後 本屋さんで工作の本を立ち読み
そのなかで拾ってきた木で生き物を作るというものを気に入ったようで
木で魚か昆虫を作ることにした

近くの神社や木がたくさん生えている道なんかをトトと散歩したら
思った以上に木の枝や枯葉がたくさん落ちていた

のこぎりはおじいちゃんに使い方を教えてもらい
自分で切った

二週間以上かけて一生懸命作った作品に
自分でも大満足だったようだった

今まで彼の口癖は
「どうせでけへんねん」「トトはあほやし」
その言葉を聞くたびに
私は何かかけてやる言葉を間違えてきたんだろうか?と
苦しくなるばかりだった

今回のことで
少しでも
頑張るということが
色んなかたちで返ってくるということを
感じてくれるといいな・・・と思った日でした。
[PR]
by tototomamano | 2014-09-04 16:49 | 日常

寒さ

b0191213_781516.jpg

朝、寒さと鯖の猫パンチに起こされた

寒いとかんじるのがとても苦手で
ふっとした瞬間に不安が押し寄せてくる

寒いということに理由づけ
できないことが増える

でも、できるだけそうならないように
寒いからこそ色んなもを見つけて
自分のテンションが下がらないように

夏休みももう終わりです
トトはお盆前頃に宿題を全部すませ
余裕こいて遊んでばっかりです(笑)

私も学校の役員のことで少しずつ動き中

b0191213_7112852.jpg


新学期の忘れ物ないかもう一度ちゃんとチェックしなければ
今日も一日スタート
[PR]
by tototomamano | 2014-08-29 07:13 | 日常

揚一番

b0191213_13514664.jpg

黙々と

b0191213_13512395.jpg


恐ろしい床

b0191213_13514961.jpg


完成って

b0191213_13524054.jpg


虚無僧か!
[PR]
by tototomamano | 2014-08-19 13:53 | 日常

個人面談の日記の続き

お勉強のこと
実は少し続きがあります

このことは触れずにいようかと思っていたのですが
トトの口からとある言葉が出て
私が思っていたことが
とても恥ずかしいことだと気がつかされました

興味のある方だけ
Moreへ

More
[PR]
by tototomamano | 2014-07-22 17:33 | 日常

個人面談でのこと

書きたいことはたくさんあるのに
自分用に後で振り返って見返したいから
ちゃんと書き留めておきたいことがあるのに
気軽に残せるtwitterやらインスタやら手を出すと
こうやってパソコンの前に座って
言葉を残すということを
やらなくなってしまったなぁ

それともうひとつ

過去の日記を全部見れなくしてしまったことや
ここでの日記もほとんど非公開にしてしまったひとつの理由に

トトが小学校にあがり
色んなお母さんと知り合うようになり
少しだけ怖いな・・・と思うことがあったのもひとつ

ママ友・・・というなかは
とても難しい
本当に気があう人もいれば
やはり上辺だけのお付き合いで収めておきたい人もいる
色んな人とお付き合いするようになり
なかには
どうして?どうしてそんなことまで知っているの?という人たちと出会ったのも事実
検索かければ簡単に検索ワードで色んなことにひっかかるし
事実、ここで一番気になったのは
トトがまだ保育園の頃
遠足で出かけた場所や
保育園で問題になったことが
まんま検索ワードで検索かけられていて
ちょこっと心配に

そんなこんなで
全体に公開している日記って
少しずつ気をつけて書かなきゃいけないな~と思うように
トトが赤ちゃんの頃の日記なんて
私なんも考えず
近所のことや知り合いのことばんばん書いてたけど(笑)
まだその頃はスマホもなかったし
今ほどネットネットって感じでもなかったのかなw

続きは個人面談でのこと
興味のある方のみどうぞ♪

(少し長くなるかもしれません)

More
[PR]
by tototomamano | 2014-07-20 13:39 | 日常

墨汁

b0191213_14344990.jpg


ある日トトがものすごく不服な表情をして学校から帰宅した

「どうしたの?」と私が聞こうとしている言葉においかぶせるように

「もおお さいあくやー!今日なぁ習字なんてあらへんかったのに
急に書道になってなぁ トト白い服着てるのに最悪なことになった」

と手を広げて見せてくれた服は

もうどうしたらそんなことになるの?というくらい墨汁が服全面に飛び散っていた

「えー先生書道にかえはったんやぁ 最初からわかってたら黒い服着ていったのになぁ」という私に

「ほんまやわぁ」とプンプンした顔をして
新しい服に着替えていた

私はネットで墨汁の落とし方を調べていたが
これといって綺麗に落ちそうなものはなく

とりあえず墨汁といえばご飯でしょってことで
ネットで書いてあるとおり
食器用洗剤とご飯を使ってやってみた
ご飯はすぐもろもろになるし
少しは落ちるものの綺麗にはおちず

どれを調べても乾いてしまったものは落ちにくく
クリーニングに出すのなら最初から何もせず出したほうがいいと書かれていた

マジックリンと固形石鹸というものあり
それも試してみた
ひたすらゴシゴシ
ゴシゴシ
なかにはペットボトルの蓋でこするとも書いてあり
それも実践してみたが
特別それで落ちているとは感じられなかった

結局諦め
「やっぱり無理やわぁ この服買ったばっかりやのになぁ」という私に

「ええええええ」というトト

「ねぇ 遊びにいかへんの?珍しい」という私に

「うん今日は約束してへんねん」というので

「じゃぁ宿題したらええやん」と言ってみるものの

「まだせえへん時計の針が9になったらなぁ」

そう言いながら9になってもせえへんやろなぁと思いながら
学校からのプリントに目を通していた

何気なしにプリントの続きに連絡帳を眺めると
その日の授業に思いっきり

「書道」とトトの文字で書き込まれていた

「ちょっ!ねぇねぇ書道って書いてあるやん」と言う私の声に

「え?」と連絡帳を覗き込み

「え?えええええええなんでえええ?」

なんでぇ?って私が聞きたいわ


b0191213_14485771.jpg


何度かゴシゴシ洗いをして
かなり落ちたけど
やっぱり点々は消えておらず
画像で見るとそんなにもって思うんだけど
実査は結構目立つ
こんなの気にせず着てくれたらいいんだけど
変なところで神経質なトトだから
ええいややああって言うような気がするなぁ



洗濯物の写真とってたら

このお方が脱走

b0191213_14524426.jpg


「なにしてるの?はいりやぁ」の声に
このお顔

b0191213_14531791.jpg

↑↑↑
なに?って感じで笑えるんですけど

草むしりしたらなんだか寂しくなったこびと村
b0191213_1454255.jpg

[PR]
by tototomamano | 2014-05-14 14:57 | 日常

少年がひろげて見せたもの(母の日のできごと)


「あっ しまった・・・」と
掃除をしている後ろで息を少し切らした声が聞こえた
後ろを振り向くと小学校高学年くらいの男の子が自転車にまたがり
息を切らして少し困った顔をしていたので
「どうしたの?お花ほしいの?」と聞くと

「あ、はい」と小さく返事をした

店を半分閉めかけていたけどお花はまだまだ残っていたので
「いいよ まだお店入れるよ」と声をかけると

「あ、いいですか。あ、すみません」と何度も頭を下げる少年

「母の日のお花がほしいの?」と聞く私に

「あ、はい」とまた頭をまた下げた

店のなかは半分閉店準備状態のため
どうしたらいいんだろうと
店の扉の前で困った顔をしていたので

「いいよ なかの奥まではいってね」というと
また
「あ、はい」と頭を下げて入ってくれた

「どんなお花がいいの?切花一本なら150円だし」というと

少し困った顔をしていたので

「鉢花?お花の苗みたいなの?」と聞くと

「あ。はい。そういうので」

お金をいくらもってきているのか
いくら予算を考えているのか
こういう時店側としても
ちょっとドキドキしてしまう

安すぎても「え?」って思うかな?と思いつつ

「これなら150円の苗だよ」というと

「あ、そういうの」

「あ。あの・・・でも僕あのお金持ってきてないというか お金が」とたどたどしく小さな声で言う少年に

「いくら持ってるの?」と聞くと

「あ、80円」

「あ!あの!僕取りに帰ってきます!」
そう言って
店を出ていこうとしたので

「お店開けて待ってるから 急がなくてもいいから」と声をかけると

「はい!ありがとうございます」とお店から飛び出していった

しばらくすると「おーい!これ誰の自転車や?」と外から声が聞こえたので見に行くと

その少年の自転車が鍵をつけっぱなして置いてあった
お金がないことに慌てたのか
自分が自転車を乗ってきたことを忘れたのか
とりあえずそのポツンと置かれた自転車見て
彼が慌ててお金を取りに帰ったんだなということが
ひしひしと伝わってきて
胸がぎゅっとなった

十分ほどして両手に何かをつかみ
そして手には手作りの大きながま口の財布を握りしめていた

そばにいた店主が
「これな このお花もお母さんにあげ お店においておいても仕方ないからな」と
少年にカーネーションの花束を渡した
その言葉を聞いて

「え!いいんですか?あ、ありがとうございます」と
何度も店主に頭を下げていた

そしてラッピングが終わり
「はい、じゃぁ150円ね」という私に
少年が両手いっぱいに持っていたものを広げて見せた

b0191213_2025598.jpg


このいっぱいの一円玉を見た瞬間
この子が今まで一生懸命貯めてきたものなんだというのが伝わってきて
思わず黙ってしまった
気持ちはこの150円の苗じゃなく

今日昼間に電話注文をして
やっぱり取りにいけないからというキャンセルの電話をしてきたお客さんの
5000円の花束が放置されていたのを思いだし
それを渡してあげたい気持ちになるくらいだった

でもこの子が選んだこの苗に価値があるわけで
なんてことを
この一瞬でくるくる考えて
動きがストップしてしまった私を見た少年が思わず

「あの、ちゃんと数えてきました ちゃんと150円あります!」と急に声をかけてきたので
ハッと我にかえった

「うん。数えなくても信じてるから大丈夫やで」と笑う私に

「はい。ありがとうございます」とまた頭を下げた

お花をしっかり抱えて
また周りにも頭を下げ
ありがとうございましたと声をかけて帰っていった

今頃どんな顔でお母さんに花を渡しているんだろうな
お母さんと二人笑顔な時間を過ごしているといいな

こんなに素敵な瞬間に立ち会えて
私は幸せものだ
ありがとう
[PR]
by tototomamano | 2014-05-11 20:19 | 日常

片腕でガッツポーズ

b0191213_16334435.jpg


IEがどうとかこうとか
私にはまったくもってわからなくて
今朝も母にかえたほがいいらしいよと声をかけられ
なんかわからんけど
とりあえずファイヤーフォックス?に変えてみました
これでいいのかな???

体調もすこぶる調子悪くて
絶不調に花粉症もプラスして
息できないし
頭痛いし
食べる気も失せるし
そうなると
たった一言言葉を出すのも
たとえば「しんどい」っていうことを
誰かに伝えるということさえも
もう嫌になってしまい
自分のなかに完全閉じこもり
日々しなきゃいけないことをやるだけで精一杯
そんでもって
またそんな自分に嫌気もさしてたんだけど
どうもこうもな毎日
これはもう絶対にあかん
嫌でも誰かと喋らなければと
友達に連絡して
喋ったら泣いてるかもしれないけど
会いにきてくださいと頼んで家まで来てもらった

友達の顔見ても最初はうまく笑えないし
どういう表情していいかわからなくて
でも、そんな私を無視してどんどんがんがん友達がしゃべりまくってくれて
そのうち自分でも会話ができるようになってて
友達がいいタイミングで私が一番落ち込んでる話を出してきてくれた
ひたすら私の鬱憤や
不安をずっと聞いていてくれた
あ~すれば
こ~すればいいとは言わなかった
私にはこうすればいいというアドバイスはできないけどと言って
私の話をずっとずっと聞いていてくれた
帰り際満面の笑みで
片腕でガッツポーズをして
頑張れってしながら大きく手をふって帰っていった

その笑顔が可愛くて
素敵で
安心した

きっと一年後このことは忘れてる
だからなんとかなると言ってくれた言葉を
ちゃんと胸にしまって
頑張るぞ


先日みつけた野口晴哉さんの言葉

信じても信じなくても明日はあるが、 明日の幸せを信ずる人は幸せでない筈の条件の中ででも、 活き活き眼を輝かせている。 明日の幸せを信じない人は、 他の人なら幸せに感じられる条件の中で、 不平をつぶやき暗い眼をしている。 しかし明日の幸せは、 誰も信ずることはできる。

毎日つけている反省ノートにも書き込んだ

「明日の幸せは、 誰も信ずることはできる」
[PR]
by tototomamano | 2014-05-02 16:54 | 日常

変化と不安

b0191213_6155333.jpg


今日は始業式
春休みも終了し新しい学年で学校がスタート

変化が苦手で
不安が押し寄せる私の性格をまんま受け継いでしまったトトは
新しい変化にとても不安になっているようす

どうしたらいいの?と不安げに聞いてくる彼の気持ちがわかりすぎて痛い

でも、もうそういう気持ちは持って生まれてきてしまったから
もう消し去ることはできないだろうから

できるだけ私が取り除いていってあげるしかないわけで

昨夜もずっと不安がるトト
最終的には「死んだらいやや」まで話が飛んでいった(笑)


色んなことを乗り越えて
少しずつ大丈夫なんだということを
おぼえていってほしいな


変化が苦手で困っているんですと保健師さんに相談したら

変化を前もって教えてあげるといいと教えてもらった

でも、教えてあげることで
「聞いていなかった」ことに関して

「聞いてない!」と怒るようにもなって
少しずつ前もって教えてあげるということを
減らしていった


だけど今はあまりにも不安になりそうなことは
少しずつまた前もって教えてあげるということを
やってみようかな

どんなこともほとんどのことが大丈夫なことで
毎日がほとんどのことが楽しいの
嫌なことはポツポツと楽しいことを感じるために
やってくるだけやよ

そういう私の言葉を聞いて昨夜眠りについたトト

自分で言いながら
自分に言い聞かせた言葉でもあるかも

さっ!
素敵な四年生!
誰と同じクラスになれるかな?
どんな先生かな?
少しでもあなたの楽しい時間になりますように。

大丈夫。
[PR]
by tototomamano | 2014-04-07 06:26 | 日常

替え歌

b0191213_19534727.jpg


幼きトトの明らか前髪きり過ぎの写真が出てきたので思わず追加
この年齢だからこそできる髪型(笑)

昨日トトがすこやか教室で作った

「もしもしかめよ」の歌の替え歌が面白かった

「もしもし電話よ電話さん

世界のうちにおまえほど

とっても便利なものはない

どうしてそんなに便利なのかー」

言葉を起用に組み替えたり表現するのがとても上手なんですよーと先生に教えてもらって
嬉しかったな♪

さて明日は三年生最後の登校
通知表持ってどんな顔で帰宅するのかな

四月から四年生なんてなんだか信じられませぬ

最近トトは周りをとても意識し始める時期になってしまったのか
私と二人きりだといつもどうりの甘えん坊ですが
ひとたびそこへ誰かが加わるともうだめ
全然喋らなくなるし
俺はお母さんに甘えたりしないんだオーラがすごいの
わざと離れて歩いてみたり
これからどんどんそんなことが多くなるんだろうなー
しかたがないことだけど
それも成長として微笑ましく見守らなければ

そういえばこの間買い物してたら学生時代お世話になったピアノの先生に遭遇
まだ一歳数ヶ月の息子ちゃんの
あまりの可愛さに
かわいいい
かわいい
かわいいいいの声しかでず(笑)

ほっぺツンツンしたら
つきたてのお餅みたいだった

その時もトトはもぉ なんと説明していいやらってぐらい
ものすごいムッツリ顔をしてまして
先生に申し訳ないやらなんやらかんやら(笑)

さてトトはどんな青年に成長してくれるかな~?
[PR]
by tototomamano | 2014-03-23 19:55 | 日常