楽しい生活

<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

弁当夫婦/GANTZ

お友達のミキちゃんがブログで紹介していた「弁当夫婦」を見ました

b0191213_1218262.jpg


やばい・・・私こういうの大好きです。
25分程度という短編だったんですが、3時間続いても余裕で見続けられます

ユースケサンタマリアのキャラも永作演じるキャラもどちらも好き


たった25分ほどのなかに、結婚のタイミングを逃してしまい
一緒にいることが当たり前のようになってしまったカップルの色々な思いが凝縮されていて
内容が濃かった。そして、ミキちゃんも書いてたけど
最後にニンマリとしてしまう映画です。

いや~しかし、すごい豪華なお弁当の内容に惚れ惚れ
あんなお弁当作るためには私3時くらいに起きなきゃ無理なんでなかろうか?
っというか3時に起きたとしてもきっと作れないな・・・・


ポニーキャニオンHPから引用↓↓↓

[STORY]
朝も早くから、腕をふるって弁当を作る女(永作博美)。後から起きて、あまり会話を交わさない男(ユースケ・サンタマリア)。2人はともに37歳。長年、同棲生活を続けていることで、一緒にいることが、ごくごくあたりまえになっていた。お互いに結婚を望んでもいるが、完全にタイミングを逸している状態だ。「じゃ、後ほど」と言いながら、女は男より早く出勤する。
女はR246沿いのビルにあるギャラリーに勤務し、男はそこから見える路上で移動式カフェ“金魚屋コーヒー"を経営している。

昼休み。
近くの公園のベンチで、いつものように女は男が来るのを待ち、男がやってくると一緒にお手製の弁当を食べる。そして、「じゃ、後ほど」と言いながら、女は男より早く職場に戻る。毎日、同じことの繰り返し。慣れとともに、以前より少なくなっていく、日々のコミュニケーション。

ある日の午前、女が“金魚屋カフェ"にやってきた。「ちょっと話をしよう」と言いながら…。






父ちゃんが借りた「GANTZ」も見ました

b0191213_122508.jpg


う~ん。原作もまったく知らないのですが
(原作を知っている人は迫力にかけるらしい・・との噂を聞いた)
私には最初のほうのシーンがちょっとグロかったです・・・・
ああいう血が飛び散る系は苦手かな・・・・
話しの内容も次回作を見たい・・・という気持ちになれなかったのが残念

松ケンは相変わらずキュートな口元でしたけど・・・・それだけですwww
やっぱり松ケンは人セクのみるめ君でいてほしい


過去のブログ
日記(モバイル時代①)
トトとママの日記Ⅱ(モバイル時代②)
トトとママの日記(Yahoo時代)
トトとママの日記(FC2時代)
あ~ちゃん♪こっちむいて+モナカ(お猫二匹のブログ)
お花遊び(お花専用ブログ)
[PR]
by tototomamano | 2011-09-15 15:59 | DVD見たよ | Comments(5)

海の仲間

b0191213_11302568.jpg

こんなことがあったけど(←クリックで詳細日記へ)

誰がなんと言おうと、お母さんはあなたの作品が一番だと思うんだ

心をこめた作品に意味がないなんて誰にも言わせない

b0191213_11323617.jpg


いつかお魚と一緒に泳ぎたい そんなあなたの夢が叶いますように。



過去のブログ
日記(モバイル時代①)
トトとママの日記Ⅱ(モバイル時代②)
トトとママの日記(Yahoo時代)
トトとママの日記(FC2時代)
あ~ちゃん♪こっちむいて+モナカ(お猫二匹のブログ)
お花遊び(お花専用ブログ)
[PR]
by tototomamano | 2011-09-06 11:36 | 日常 | Comments(2)

ちちんぷいぷい

b0191213_10503373.jpg




昨日からトトの学校がスタートした。
久々の学校久々の先生
「先生何の話ししてくれるかな~?」「トトの工作見てくれるかな~?」とご機嫌で学校へむかった

帰宅後のトトの様子が少し変

暑いなか久々の学校は疲れたのかな?


笑顔で抱きしめた私にも無反応


お腹すいたというのでご飯を一緒に食べた

黙々と食べるトトがポツリと「トトがな・・・作った工作な・・・皆が笑わはってん」
「こんなん意味ないものなんで作るねん」「なんて書いてあるか読めへんし」
「ってか何作ってあんのかわからへんし」「へんやわ~な~へんやし~」
「そうやって言ってみんなが馬鹿にしはってん」

下を向いたままトトが悲しそうに教えてくれた

「ねぇ、トトは海が好きやろ?お魚はもっと好きやろ。だから自分で考えて海の世界を作ったんやろ?」そういう私にだまったままコクリとうなずく

「そういうことが意味のあるってことやで。好きだからそれを自分の手で作り上げてみるってことはじゅうぶん大きな大きな意味があるんやで。」


「だって、皆は本棚とか作ってきはった(工作キットで作り上げたものらしい)」
「トトのはちゃう」

「そうか~じゃぁ今度はトトもそうする?でもな、お母さんはお店で買ってきたものを組み立てるよりもトトが自分の頭で考えて作り上げたもののほうが意味があるような気がするよ」

「しかし、くやしかったな~ なんでそんなん言わはるんやろな~トトはそんなん言われて嫌やったな~。」
そういう私にまたコクリと頷いた

私は頷くトトの頭をわしゃわしゃと撫で回し背中をさすった

「しかしな~むかっ腹たつっちゅうねんwwwなんちゅうあほな発言するクソガキやねん
おまえら後ろから蹴っ飛ばすぞぼけ!!!!!wwwww」とわざと汚い言葉で罵倒する私を見て
キャハハと笑うトト

いや、本当に本当にそう思ってしまうけどね アハッ

トトがひとつ悲しいことがあると、私は何倍にもなって苦しくなる。

でもさ、トトがどんなに悲しいことがあって涙を流すことがあったとしても
お母さんはキミを笑顔にする魔法使いでありたい。



過去のブログ
日記(モバイル時代①)
トトとママの日記Ⅱ(モバイル時代②)
トトとママの日記(Yahoo時代)
トトとママの日記(FC2時代)
あ~ちゃん♪こっちむいて+モナカ(お猫二匹のブログ)
お花遊び(お花専用ブログ)
[PR]
by tototomamano | 2011-09-01 11:22 | 日常 | Comments(2)