人気ブログランキング |

楽しい生活

<   2018年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

不妊治療のことを書くのは最後にします

b0191213_17453917.jpg
いつか来る来ると思っていた通知
一度目の通知の時は破棄をする勇気がもてず
継続をお願いした
当時はまた妊娠したいと思う時がくるかもしれないと思っていたという気持ちよりも
本心を言えば
凍結してあるとはいえ
命がすでに始まっている自分の受精卵を破棄する勇気がなかった・・・・
お腹のなかに戻せばもしかしたら命になるかもしれないこの受精卵
そんなことを考えるたびに
治療中の痛みや悔しさや辛さがよみがえってしまって
この卵子を取り出す時も以前のブログで赤裸々に書き綴っていたな・・・と
周りが妊娠するたびに顔で笑って心で泣いての日々だったな・・・と
卵子を取り出す痛みはトトを産んだ時の痛みよりも強烈に覚えている
この痛みに耐える意味が本当にあるのか
痛すぎて息ができなくなって
看護師さんに息を吸って吸ってと何度も言われ
痛みで泣きそうになりながら
ひたすらこらえていたなと・・・・
お金も湯水のごとく流れていくし
一本注射うつだけで三万円請求されて卒倒しそうになったり
毎日自己注射も頑張ったし
薬の副作用でトイレの友達にもなったし
でも、何よりも悔しかったのは
不妊治療で夫婦の関係がどんどん悪い方向へ向かってしまったこと
そのたびに思ったのは
もしもこんな苦労せずに赤ちゃんを抱くことができたなら
もう少し夫婦喧嘩も減らせたのかな・・・
でも、きっと私たち夫婦だから喧嘩してたのであって
不妊治療してたから喧嘩したのではないんだろうな・・・とか(笑)
不妊治療から離れてもう数年
まだまだ治療してたことにも意味があったとは思えないし
大金が消えていったことにも意味があったとは思えない
でも、この結果で良かったんだと思えるようになりたいとは思う
今月でまたひとつ年をとってしまう私
今から受精卵を戻す元気もなければ
運よく妊娠してもまた一から子育てする勇気はない
だから、受精卵とはさようならすることに決めました。

このブログを読んでる人は不妊治療している人はいないかもしれないけど
ってかもうこのブログそんなにアクセス数ないし(笑)
でも、もし何かで引っかかってこのブログを目にしてくれる人がいたら
この先私は多分不妊治療のことはブログには書かないだろから
残しておきたいと思います
治療先の先生から言われた言葉

「あなたたち夫婦の数値からいくと自然妊娠は99%可能性はありません。ただね、たとえ残りの1%でも可能性があるなら、その可能性を信じませんか?夫婦が愛し合うことでその1%が可能になることもありますからね」

可能性が0ではないということは希望が持てるということ
そのことを胸に沢山頑張ってきた時間。

不妊治療をされているご夫婦の元へ
1人でも多くの赤ちゃんが授かることを祈ってます



by tototomamano | 2018-02-15 18:16 | 不妊治療